高齢者になってからも住みやすい家

ご家族が高齢になってからも安心して自立した暮らしを送るためには、高齢者に優しい空間づくりをしておくことがポイントです。
建築時から準備をしておくことで、後からリフォーム工事をする手間や余計な費用を省くことが出来ます。
最近人気が高まっている階段のない平屋住宅も、高齢になってからも住みやすい家なので、一つの選択肢として考えてみるのもいいですね。

02-02-06_高齢者でも住みやすく_03

高齢者にとってはちょっとした段差がつまづきの原因になりますので、各部屋の出入り口の段差をなくすことが大切です。

また、バランスを崩しやすい玄関や階段、浴室やトイレなどに手すりを設けたり、階段を安全に上がれるように勾配を緩やかにして、足元を照らすフットライトをつけたり、様々な安全対策が求められます。

高齢者にとっても安心、安全な住まいづくりをしましょう。

02-02-06_高齢者でも住みやすく_06

1mを基本寸法とするメーターモジュールを採用すると、尺モジュールよりお部屋の大きさが約1.2倍広くなります。

廊下や階段、浴室、トイレなどのスペースや幅も広くなりますので、車椅子なども通りやすくなり、壁に手すりなどを設けても邪魔になりません。

02-02-06_高齢者でも住みやすく_08

平屋住宅は、階段の上り下りが無いため高齢者に適した住まいとしてはもちろん、お掃除や洗濯、収納など生活動線が短く、女性にも喜ばれる住まいとして、最近注目を集めています。

2階がない分、地震や台風にも強く、意外なメリットもたくさんありますので、土地をやや広めにとれる場合は検討してみましょう。

specialty6-footer

施工事例

収納が充実した過ごしやすい家

家の老朽化を機に建替えを検討されたT様。収納スペースが充実した過ごしやすいお宅が完成しました。
・・・詳細を見る

3世代家族が共に暮らし、各世代にとっての住みやすさを追求した家

3世代家族の特徴である年齢幅のある家族構成でも、家族全員が快適に暮らせる家を求めて新しい家の建築をされました。家事動線、生活動線、さまざまな用途に応じた収納など...
・・・詳細を見る

持家を売却し新築の”住み替え事例” 省エネ・耐震・耐久性を考慮して長期優良住宅で建てた同居タイプの5LDK

お子さまの成長に伴い同居の持家が狭くなったことや駐車場が足りないことなどを考え、持ち家を売却し別の場所に新築を決意されたK様
駐車場はお客様用も含...
・・・詳細を見る