家族みんな仲良し!二世帯住宅 | 暮らしゆうゆう 『U-topia』(ゆうとぴあ)
家族みんな仲良し!二世帯住宅

家事や子育てなどに協力出来るといった生活面でのメリットや、建築資金のサポートや生活費の削減といった経済面でのメリット、家族のつながりを日々感じられるなど二世帯住宅の良さは改めて見直されています。
それぞれのご家族のライフスタイルに合わせた、最適な間取りを設計してみましょう。

02-02-05_2世帯で暮らす_03

息子夫婦と同居する場合は、お母様と奥様が気兼ねなく暮らせるように、家事を分離出来る間取りにすることがポイントです。

ただし玄関は、1軒家としてのまとまりを出すために、玄関アプローチは共用にするのが基本です。

玄関内部に気軽に行き来出来る通路を作っておけば、必要な時にいつでも行き来が出来て便利です。

02-02-05_2世帯で暮らす_06

娘夫婦と同居する場合は、お母様と奥様が家事を協力し合える間取りにすることがポイントです。

ただし玄関は、親世帯と子世帯の姓が異なることが多いため、玄関を別アプローチにするのがお勧めです。

ご主人が誰にも気兼ねしないでいい、書斎スペースなどを創ってみてもいいかもしれません。

02-02-05_2世帯で暮らす_08

親世帯に面倒を見てもらうことの多いお孫さんの部屋は、親世帯の部屋からも直接いきやすいように、親世帯と子世帯の中間地点に作るのがお勧めです。

子世帯スペースを通らずにお孫さんの部屋にいけるので、お互い気兼ねする必要がありません。
お互いの生活動線を考えた間取りにすることがポイントです。

specialty5-footer

施工事例

収納が充実した過ごしやすい家

家の老朽化を機に建替えを検討されたT様。収納スペースが充実した過ごしやすいお宅が完成しました。
・・・詳細を見る

3世代家族が共に暮らし、各世代にとっての住みやすさを追求した家

3世代家族の特徴である年齢幅のある家族構成でも、家族全員が快適に暮らせる家を求めて新しい家の建築をされました。家事動線、生活動線、さまざまな用途に応じた収納など...
・・・詳細を見る

素材にこだわった南欧風の家

転勤族のN様
お子さまの成長と親との同居のために家づくり計画をスタート
南欧風のこだわりのお家の完成です
・・・詳細を見る