安全が持続する住まいづくり | 暮らしゆうゆう 『U-topia』(ゆうとぴあ)
安全が持続する住まいづくり
safety-img1

『U-topia』(ゆうとぴあ)は、変形や狂いの少ない高耐久の集成材を主要構造材として採用しています。強度はもちろん、国産材の有効活用という視点から、最も負荷の大きい外層部には硬くてたわみにくい“ベイマツ”、負荷の小さい内層部には耐久性と弾力性が高い“国産スギ”を組み合わせた次世代集成材。それが「ハイブリッドビーム」です。「ハイブリッドビーム」はJAS認定取得製品で、(財)日本住宅・木材技術センター主催の第2回木材利用技術開発賞最高賞“林野庁長官賞”を受賞しています。

「たわみ」や「割れ」を防ぎ、特に近年問題視され始めてきた土台への柱の『めりこみ』に威力を発揮。「優良木質建材等認定証(AQ認証)」を受け、「JAS(日本農林規格)」のすべての規定を高いレベルで合格している高性能集成土台です。

構造体である柱や土台、梁などが受ける荷重は建物の形状や、耐力壁の配置、バランス等により異なります。現代の耐震設計には、つり合い良く配置された構造材・構造体のパワーを最大に発揮させるため、「高耐震性金物」の使用が求められています。『U-topia』(ゆうとぴあ)では、確かな設計と緻密な計算により配置された構造体の適切な場所に「高耐震性金物」を施工しています。

面で支える強固な基礎

『U-topia』(ゆうとぴあ)は、変形や狂いの少ない高耐久の集成材を主要構造材として採用しています。強度はもちろん、国産材の有効活用という視点から、最も負荷の大きい外層部には硬くてたわみにくい“ベイマツ”、負荷の小さい内層部には耐久性と弾力性が高い“国産スギ”を組み合わせた次世代集成材。それが「ハイブリッドビーム」です。「ハイブリッドビーム」はJAS認定取得製品で、(財)日本住宅・木材技術センター主催の第2回木材利用技術開発賞最高賞“林野庁長官賞”を受賞しています。

床下の耐久性を高める「キソパッキング工法」

基礎コンクリートと土台となる木材の密着面を極力少なくして、たくさんの通気孔を造ります。これによって土台の木材の腐食を防ぐだけでなく、床下全体に空気が循環することで従来換気工法に比べ1.5~2倍の換気性能を確保できるようになりました。理想的な床下通気が乾燥状態を保つことでシロアリや腐朽を防ぎ、住まいの耐久性を高めています。

自信があるから長期安心の「しろあり10年保証」

『U-topia』(ゆうとぴあ)は、地震の横揺れに強い耐力面材ダイライトを外周全面に施工することにより建物を面で支えます。さらに床面に剛床工法を施工することで「木造軸組工法」をよりグレードアップさせました。柱と壁、床で造る「箱形状」によって、地震に強靭な「木の家」を実現しています。

地震・台風に強いダイライト工法

厚さ40mmの強靭な床構造

透湿性に優れている

暖かい室内温度と冷たい外気温度の差によって外壁材の内側に結露が発生します。この結露が、やがて土台や柱、壁など躯体を支える重要な部分を腐らせ、完成引き渡し時点で満たされていた耐震性能が時間の経過とともに劣化していきます。こうした“目に見えない”部分の劣化を防ぐ透湿性能にも優れているのが「耐力面材ダイライト」なのです。

優れた不燃性能

ダイライトは無機質素材ですので、ワンランク上の優れた防耐火性能をそなえ、不燃・準不燃材として認定されています。ご家族が安全に避難できる時間的余裕を確保します。

白アリに負けない

無機質の新素材ダイライトは、白アリが食料とする成分を含んでいません。白アリによる食害を受けません。