住み心地のよい家をカタチにする住まいづくり

木の特性や自然の空気循環を活かした、高性能な断熱&省エネ構造を採用。これによって「住みごこち」だけでなく、住まいの長寿命化を実現するとともに、断熱材や木材が「呼吸」することでより高い断熱性能を発揮します。

『U-topia』(ゆうとぴあ)の断熱工法は、高性能なグラスウール断熱材と防湿気密性に優れた「防湿フィルム」を採用、次世代省エネに対応するシステムになっています。また、床の断熱材には水や水蒸気を排出しやすい高性能グラスウールを採用。高い断熱効果を生むと同時に、居住空間の快適性にも大きく貢献します。

湿気の多い山陰の気候風土を考えた時、床下空間の環境は重要なテーマです。『U-topia』(ゆうとぴあ)は基礎と土台の間に先進の「キソパッキング工法」を採用、床下に全周換気機能を持たせています。これによって、床下のジメジメ感を解消、居住空間の快適性を保持しながら、シロアリや腐食を防いでいます。

夏、屋根表面温度は60℃以上になり、屋根裏や室内の温度上昇の大きな要因になります。この温度上昇を防ぎ省エネ効果を発揮させるため、屋根の下地材に「遮熱ルーフィング」を採用、防水と遮熱機能をあわせ持つ屋根構造にしました。実験では従来の防水シートに比べ>屋根裏で3.8℃の温度差を実証、建物居住部分のさらなる快適性を実現しています。『U-topia』(ゆうとぴあ)は、屋根だけでなく、外壁外周のすべてをこの「遮熱・防水・透湿シート」ですっぽりと覆います。

汚れた室内空気の排出と新鮮な外気の取入れを24時間連続して自動コントロール。しかも外気の温度と水分を調節、外部環境からの影響を極力抑えますので、住まいの省エネと健康・快適な暮らしに大きく貢献します。

窓の結露は、壁や床からのカビ・ダニを発生させる主原因。住まいの寿命や健康の大敵です。すべての窓に断熱&防露性に優れたアルミと樹脂の複合構造を標準装備、ハイレベルな断熱性を実現するとともに「暮しの大敵 結露」を防ぎます。

保温性能が大幅に向上、室内の快適温度をキープします。

太陽光による室内温度の上昇を抑え、内装材の劣化を防ぎます。

複層ガラスとの併用で屋外騒音を遮断し、快適な室内環境をつくります。

結露を抑え、カビ・ダニを防ぎ、住まいの耐久性もアップします。