介護を考えた住まいを建てたい | 暮らしゆうゆう 『U-topia』(ゆうとぴあ)

介護を考えた住まいを建てたい

ご家族が高齢になってからも安心して自立した暮らしを送るためには、高齢者に優しい空間づくりをしておくことがポイントです。
建築時から準備しておくことで、後からリフォーム工事をする手間や余計な費用を省くことが出来ます。
介護を考える際には、高齢者にも安全なように、各部屋の入り口の段差をなくしたり、バランスの崩しやすい浴室やトイレ、玄関などに手すりを付けたり、階段を少し緩やかな勾配にして、かつ足元を照らすフットライトを付けたりと、様々な安全対策が求められます。
また、最近人気の高まっている階段のない平屋住宅も、高齢になってからも住みやすい家の一つなので、選択肢として考えてみるのも良いかもしれません。

豊洋では、高齢者向けの方でも住みやすい住まいの住宅を
数多く手掛けているので、お気軽にご相談ください。